熊本大学工学部附属 工学研究機器センター

Engineering Research Equipment Center

トップページへ

熊本大学へ

熊本大学工学部へ

センター概要

  • ご挨拶
  • 沿革
  • アクセス
  • 居室配置図

工学研究機器センター長工学研究機器センター長

 本工学研究機器センターは昭和38年3月、工学部創立65周年記念事業の一環として、工学部卒業生の団体である熊本大学工業会のご寄附により、工学部における研究機器共同利用施設として設置されて以来、半世紀にわたり工学部の教育研究、特に計測や分析において大きく貢献してまいりました。その間、現在の工学部百周年記念館の場所にあった当初の建屋は平成8年に現在の場所に新設移転され、センターの研究機器も最新の機器にリニューアルされてきました。教職員の数や研究費などの制約がある中、研究室や学科を越えて高額な研究機器を共同で利用できる施設として、工学研究機器センターが国内の工学部においても逸早く整備され、現在まで存続・発展できたことは、諸先輩方の先見の明があったこと、並びに関係方々のご支援のお陰だと思います。

 さて、近年の先端科学研究においては高度な分析・計測機器がますます不可欠となっており、これらの先端分析機器の利用にあたっては、高度な知識や技術と性能を保つための機器の保守が重要になっています。センターの機器は工学部技術部のサポートによって、常に最良の状態で利用して頂けるよう維持管理されてきました。工学研究機器センターに設置されている分析計測機器は、老朽化や、機器に要求される性能・機能の高度化により漸次更新が必要となりますが、機器の維持管理や、最新の機器に更新するためには、より多くの方々に利用して頂き、工学研究機器センターの利用率を上げることが重要になります。
センターでは、Webによる機器の予約システムの導入し、分析機器の操作講習会や「基礎分析技術セミナー」の主催などの広報活動を行ってきました。

 平成25年度に本学が研究大学強化促進事業に採択され、全学の研究効率を高めるために研究用共同設備の効率的な運用が求められております。そこで、本年度から全学の教職員と学生を対象に大学院先導機構研究戦略・研究推進部門の主催し、工学部技術部のサポートにより「共同利用設備に関する利用促進セミナー」が開催されることになりました。これによって、工学研究機器センターの利用者の増加と、更なる研究成果が出ることを期待しております。

 本センターでは、今後も引き続き既存機器の更新ならびに新鋭機器の整備を行うとともに、「基礎分析技術セミナー」の開催、本学の教育および研究に支障のない期間における学外からの受託試験の受け入れなど、さらなる進展に向けて活動してまいります。今後とも、ご支援ご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。


熊本大学工学部附属工学研究機器センター

Copyright (C) engineering research equipment center. All Rights Reserved.